*0912*


☆(+ε("O=(`Д´"#)
by katokong
プロフィールを見る
画像一覧

体調不良②

なぜだかまた体調不良です。
原因は不明ですが、胃の調子が悪くて食事ができません。
水飲んだだけで吐きそうなくらいです。
この機に痩せてくれればいいのですが、どうやらそんな都合よくもいかないみたいです。
ザンネン。
[PR]
by katokong | 2007-05-31 23:00 | China/Chinese

日本食食べ放題のお店

茂名南路の日本料理屋さんへ行ってきました。(x何路か忘れました)
しかも店の名前も忘れた。。。

友人が予約をしてくれたので、100元弱で食べ放題、飲み放題。
日本の味そっくりそのままとはいきませんが、中国で食べる日本料理としては満足なものでした。

日本人x4
韓国人x2
オランダ人x1
アメリカ人x1
-----------------
計 8人

チョーヤの梅酒がわりと人気でした。笑
[PR]
by katokong | 2007-05-29 22:00 | China/Chinese

体調不良

旅行最終日に発熱し、お腹をやられました。
今日もまだ不調です。
ということで、旅行からは帰ってきましたが、今日も学校はお休みします。
昨日に比べたらだいぶよくなっているので、明日になれば全回復しそうです♪
[PR]
by katokong | 2007-05-28 19:32 | China/Chinese

四川旅游・少数民族

夜はチベット族の民家で、催し物を見ながら食事をしました。
が、黄龙からの帰り道、高山病か、バス酔いか、はたまたミックスかわかりませんが、ひどく気分が悪くなり、それを引きずっていたので食欲は全くなし。
見たことがないような物ばかりだったのですが、残念ながら存分に味わうことはできず・・・。
d0088682_1818750.jpg


青稞酒
原料はハダカムギで、度数が低い茶褐色のお酒です。
祝日、お祝い事に必ず飲むお酒だそうです。
飲む時には"三口一杯"で飲まなければならず、そうしなければ失礼にあたるそうです。
"三口一杯"というのは、主人が客人にお酒を勧めたら、客人はまず一口お酒を飲み、主人がいっぱいにお酒を注ぐ、これを3回繰り返した後で、最後にお酒を飲み干すというものです。

酥油茶
中国語の説明です。興味がある方はどうぞ。

羊、牛、ヤクのミルクを温め、桶に入れて長時間練って脂肪分を抽出する。
その脂肪分が"酥油"と呼ばれるものだそうです。
濃く入れたお茶に塩と酥油を加えて混ぜ、温めれば酥油茶の出来上がり。

ちなみに夏のヤクの乳から作った酥油が一番良いそうです。

このサイトには酥油茶の飲み方について書いてありました。

これは羊だったか何だったか・・・何かの肉を焼いたもの・・・。
d0088682_1972140.jpg


家の中の様子
d0088682_19135573.jpg

全て手描きだそうです。
カラフルな色使いが印象的。

哈达
d0088682_2224291.jpg

客人をもてなす時に、白い布を首にかけます。
この布は"哈达"と呼ばれるもので、白い哈达以外に他の色の哈达もあり、それぞれ異なる意味を持っているそうです。

蓝色=蓝天(青空)
白色=白云(白い雲)
绿色=江河(川)
红色=神灵(神)
黄色=大地

哈达:白い布
   
扎西德勒
チベット語です。
"扎西德勒"="吉祥如意"の意味。
漢語で言うところの、"你好"(こんにちは)や、"祝你健康"(ご健康をお祈りします)という意味があるそうで、使用頻度がかなり高い言葉だそうです。
カタカナで書くと、"ザァーシーデレー"と聞こえます。
[PR]
by katokong | 2007-05-24 23:00 | China/Chinese

四川旅游・黄龍

黄龙。
d0088682_22283365.jpg

ロープウェイか自力で登るか自分で選んで登っていいということで、私たちはロープウェイを選択。
d0088682_2231958.jpg

ロープウェイを降りてしばらく歩くと、周辺を一望できる場所にでます。
左から下へ下って行って、写真の真ん中奥辺りを目指して歩きました。
d0088682_22383791.jpg

きちんと整備されていてとても歩きやすい道。
d0088682_22393613.jpg

ロープウェイから1750m地点。
やっと目的地"五彩池"が近づいてきた。
あと350m。
d0088682_22503676.jpg

黄龙古寺。
道教のお寺で、五彩池から40mの距離にあるお寺。
d0088682_22513095.jpg

ここからは五彩池の様子。
d0088682_22551444.jpg

d0088682_225691.jpg

d0088682_22574277.jpg

d0088682_22583533.jpg

上から見るとこんな感じ。
d0088682_22595197.jpg

五彩池はとてもきれいでしたが、今は雨季の前のため水が少なく、その他のエリアでは今は水が枯れているという池がほとんどでした。
雨季以降はもっときれいな景色が見れると思うと残念ですが、今の季節でも十分きれいだったので満足です。
[PR]
by katokong | 2007-05-24 22:30 | China/Chinese

四川旅游・海抜最高地点

まず最初に向かった場所は、海抜最高地点。
あまりにも眠かったため、地理的にどの辺りなのか等の説明は全く聞いていませんでしたが、空港から1時間程度バスで走ったところだったかと。
海抜5500程度(だったかと・・・曖昧でごめんなさい)。
d0088682_2275274.jpg

観光客が来ると、土地の人が動物を連れてお金を稼ぎにやってきます。
d0088682_22192671.jpg

d0088682_2221387.jpg

この付近で育てられている"牦牛"。
日本語言うと"ヤク"。
d0088682_22241465.jpg

こんな寒いところでも、ヤクは毛がとても長く厚いため問題なく育てられるそうです。
[PR]
by katokong | 2007-05-24 22:00 | China/Chinese

四川旅游・成都→九塞溝空港

23日の夜の飛行機で上海 浦東から四川 成都へ移動。
成都のホテルで1泊して、24日早朝成都から九寨沟の空港へ移動しました。

九寨沟への便は遅れるのが一般的だそうで、前日は午前中いっぱい飛行機が全く飛ばなかったそうで。。。
この日も予想通り遅れました。
九寨沟付近は霧と大風が多々発生しやすいとのこと、山の上だから仕方ないのでしょう。

待つこと1時間30分程。
外は雨。
幸先悪いなぁと思いつつ出発。
d0088682_145043.jpg

朝5時起きと早かったので飛行機の中は爆睡。
まぁ40分強という短いフライトなんですが。

起きたら恐ろしい世界が眼下に広がってました。
d0088682_1475073.jpg

落ちたら見つからないかも。
d0088682_1484442.jpg

お願い旋回とかしないで。。。下は見たくないです。。。
d0088682_1504966.jpg

怖い、けどキレイ、見たい。。。でも怖い。。。
d0088682_151293.jpg

でもね、光がキラキラしていてあまりの美しさに怖いとか言ってる場合じゃなくなってました。

そんなこんなであっという間に九寨沟の空港へ到着。
山を整えて作った空港だけあって、空港はもちろん山の上。
回りももちろん山だらけ、という空港です。
d0088682_1535488.jpg

山に切り込みが入っているのを見ると、やはり自然を壊さずには便利さは得ることはできないんだと痛感。
もちろん便利になったのは喜ばしいことだし、だからこそ私たちもこんなに簡単にこんな高い山の上まで飛んでくることができるわけなので、そんなこと言えた立場じゃないんですけどね。

さて、この後はバスに乗り、一番海抜が高い地点へ、その後黄龍へ向かいました。
その様子はまた後ほど。
[PR]
by katokong | 2007-05-24 19:27 | China/Chinese

周庄鎮

昨日の夜食事をした鐘さんの会社を訪問した後、会社のすぐ近くに水郷があるということで、周庄に連れていって貰いました。

まずはお昼ご飯。
この辺りで一番おいしい?有名なお店だそうです。
d0088682_129948.jpg

ここをくぐれば周庄!?かと思いきや、入り口はまだ先。
d0088682_12132193.jpg


鐘さんの会社のマネージャーさんが周庄の中に住んでいる地元の方ということで、周庄の中を案内して頂くことになりました。
チケットを見せて中へ入ると、お土産を売っているお店がしばらく続きます。
少し歩くとすぐに水路が見えてきます。
d0088682_113393.jpg

路地に入ると両側は様々なお土産を売るお店。
d0088682_1171065.jpg

ここは写真撮影ポイント。
d0088682_119931.jpg

水路を通って船から直接家へ入れるようになっている家は、お金持ちの家なんだそうです。
d0088682_120795.jpg

ここは江南地方で一番お金持ちだったという、沈万三という人の家。
d0088682_1205928.jpg

ちなみにあまりにもお金を持っていたため時の皇帝に疎まれ、雲南に流されたそうです。
d0088682_122435.jpg

寝室。
d0088682_1233186.jpg

大きく見えないかもしれないけど、相当大きなお屋敷なんです。
d0088682_1235719.jpg

2Fから見た階下の様子。
d0088682_1251130.jpg

裏の通りの水路。
案内をしてくれた方の話によると、この水路で今でも洗濯等しているそうです。
d0088682_12644.jpg

最後にここが周庄の入口出口。
d0088682_128492.jpg

残念ながら時間が足りなくて全然見切れませんでした。

仕事中にも関わらず案内のために来てくれた鐘さんの会社のマネージャー様に本当に感謝。
もちろん鐘さんにも大感謝(・人・)
しかも地元企業の客として行ったので、無料で入ることもできましたし。

他の水郷も上海に居るうちに制覇したいと思います♪
[PR]
by katokong | 2007-05-23 19:26 | China/Chinese

会社訪問

午前中は松江へ。
松江は最近企業が進出したり、大学が出来たりと、開発が進んでいる地区らしいです。
今は市内から地下鉄をつなげる工事も進んでいるとか。
数年経ったらきっとすっかり様変わりするんでしょう。

午後はまた嘉定で会社訪問。
外国企業、外資との合弁企業ばかり。
でもまだまだ土地が余ってる様子で、会社の敷地内も草がボーボーで遊んでる部分があるようで。
その内土地が高騰するような場所になるんでしょうか?

夜はまたまた父の以前の仕事関係の知り合いとそのご家族と食事。

彼のお父さんは上海師範大学の教授で専門は心理学。
80歳を超えた今でもまだ時々講義をしていらっしゃるとか。
お母さんも中文系の先生だったそうですが、今は引退されているそうです。
本当はこのツテを頼って上海師範に留学する予定だったんですが、復旦を選んじゃったんですよねぇ。
お父さんもお母さんもそれを残念がって下さって、私もかなり後悔。

お昼も夜も接待で使うような高級中華料理でした。
もうさすがに苦しい><
いくらおいしくても毎食中華料理は私には耐えられません。。。
[PR]
by katokong | 2007-05-22 23:05 | China/Chinese

くるしい・・・

午前中嘉定区の会社に行く予定だったけど、私は旅行前にHSKの申し込みをしたかったので、私だけ午前中の予定をキャンセルすることに。

政通路280号でHSKの申し込みへ。
8:30~並んで約1時間程かかって終了。
今回は第2教学楼の3F。
ってことでいつもの教室だから前回の様な問題はないでしょう♪

お昼に豫園で小龍包を食べるって言うので、私もそこから合流。
ここって平日でもやっぱりすごい人なのね。。。
1Fもすごい列、2Fも1時間待ち、結局3Fへ。
d0088682_10374859.jpg

d0088682_1038585.jpg

包んでるところだけは写真撮ったんだけど、肝心の小龍包の写真を撮るのは忘れました。。

午後は宝山区の会社へ。
あの中国最大の鉄鋼メーカーの宝鋼集団がある近くだそうで。
市内からそれ程離れていないけれど、市内とは全く違う雰囲気。
工場が多くて、地方から出てきている人が多いとか。

夜は淮海中路x西藏中路の蘭生大厦で食事。
ここは39F建ての建物で、38、39Fが回転式レストランになってます。
(回転式レストランで有名なのは"新錦江大酒店"だと思うけど、そことは別の場所です)

確か18:30~回転が始まります。
回転前のまだ明るい頃の写真。
d0088682_1134391.jpg

古い建物がまだまだ残る街並み。
d0088682_1152763.jpg

左奥に見えるのは、森ビルが今建てている一番でっかい建物になる予定のビル。
中央よりやや下右よりの明るい部分は、なんと豫園。
イルミネーションが遠くからでもはっきり見えます。
d0088682_1154661.jpg

王冠=Westin、串刺しの○が東方明珠。
d0088682_1162360.jpg

人民広場側。
d0088682_1165220.jpg

フカヒレ。
d0088682_1172148.jpg

あわび。
d0088682_1173520.jpg

途中省略・・・デザートはツバメの巣でした。
くるしい~・・・。
[PR]
by katokong | 2007-05-21 22:36 | China/Chinese

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧